バス路線

高速バスは、東京オリンピックが開催された昭和39年に最初の路線が開設されて以来、高速道路網の整備とともに発展を重ね、現在では、系統数で1,500系統を超えるまでに至っているそうです。
凄い数ですね。

 また、最近では、とくに、都市間中距離輸送をになう300キロ未満の昼行系統が伸びており、一般の乗合バスと同様、通勤、買い物等、利用者の日常生活に必要不可欠な移動手段とて定着しつつあります。
 高速バスは、他の輸送機関と比較して低廉な運賃、夜行便における時間の有効活用等のメリットに加え、ネットワークの整備や車両のグレードアップによるゆとりある座席空間の提供等により、順調に伸びてきており、平成14年度には全国で165社、系統数延1,530系統の高速バスサービスが提供されており、利用者数は8,560万人に達しています。

高速バス路線データベース
全国の高速バス路線をデータベース化。起点エリアと終点エリアを選んでいただくと、その間の路線情報(予約・問い合わせ先、主要停留所、主要ターミナル案内図、バス車両の各種設備・サービス、その他お得な割引運賃トクトク情報など)が検索でき、知りたい時にすぐ調べることができます。

乗合バスの利用者の減少傾向が続くなか、高速バスは、輸送需要が伸びている路線が多く、今後も期待される分野となっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。